2011年09月17日

経費の内容L地代家賃

サラリーマンが個人事業主を兼業するうえで
大きな節税効果が期待できるのが、地代家賃だ。


自宅で仕事(個人事業だから)をする場合には
当然そこで発生する支払いを経費計上できる。


正確にいうと、事業のための使用する面積と、
生活で使用する面積を按分(家事按分)する必要がある。


ただし、賃貸の場合と持ち家の場合では
経理処理にかなり違いがあるので注意して欲しい。


【賃貸の場合】
毎月発生する家賃(管理費や更新費用、火災保険料
新規入居の場合の礼金や紹介手数料も含む)に
事業として使用する面積の使用割合をかけて経費計上する。


【持ち家の場合】
建物の原価償却費(土地は入らない)、住宅ローンの金利
(元本返済は入らない)火災保険料、固定資産税に
事業として使用する面積の使用割合をかけて経費計上する。

※固定資産税は、自動車税など「租税公課」として計上
して、家事按分してもよい

ちなみに駐車場を借りていれば、自動車の事業使用割合と同じく
地代家賃として経費計上可能だ。


この使用面積の考え方だが、1番分かり易いのは仕事部屋を1室作って
それにトイレや水周り、居間(来客もあるのだ!)を加える方法だ。


大体の目安だが、自宅が豪邸でもない限り、大体3分の1
つまり総面積の35%程度までが、税務署から指摘をうけない
範囲である。


家賃や住宅ローンはかなり高額な出費なので
これらの経費計上による、合法的節税効果は限りなく高い。



ただし賃貸の場合、毎月の家賃×35%といったように
計算が簡単なのに対して、持ち家の場合には
減価償却費の計算(しかも新築と中古では償却期間が違う)
が大変なので注意が必要だ。

posted by 近江商人 at 16:43| Comment(0) | 経費について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。