2011年09月21日

経費の内容O支払手数料

経費として、極力「雑費」は使わないようにすると指摘したが
定期的に発生する経費として、何種類かあるので
それを解説する。


「支払手数料」


これは雑費のなかでも、比較的定期的に
(毎月発生していれば、独立した勘定科目にするのがよい)
発生する手数料と、何かの手続きをするときに
支払う手数料のことをさす。


具体的には

・税理士、弁護士、行政書士、司法書士などに支払う手数料
・不動産の仲介手数料
・銀行の振込み手数料
・その他、他の費用に計上することが難しい手数料
・あなたが自分のwebサイトでカード決済システムを
 導入している場合のカード会社への手数料

などを「支払手数料」とする。

いずれも反復的性格が強いため、雑費よりも
こちらの科目として費用計上したほうがよい。


注意したいのは、士業への手数料については
個人事業主である、あなた自身が源泉徴収義務者になっている
点だ。


その場合、支払い額の10%を差し引いた額をあなたが
源泉徴収し、翌月10日までに納付する必要がある。
(源泉徴収については青色専従者給与や、給料賃金も同じである)

※厳密には源泉徴収率は、士業により異なっている。
 ただし、心配しなくても「請求書」に内訳が書かれている
 ので大丈夫である。







posted by 近江商人 at 13:17| Comment(0) | 経費について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。