2011年09月03日

控除の種類

「収入」から様々な「控除」を引いた後に
最終的な「課税すべき所得金額」が出てくる。

ここで控除の種類についてみてみよう。


控除には下記のようなものがある。


【「収入」から控除するもの】

・給与所得控除(サラリーマンの必要経費のようなもの)
・青色申告特別控除


【「所得」から控除するもの】

・基礎控除
・配偶者控除
・配偶者特別控除
・扶養控除
・寄付金控除
・寡婦(寡夫)控除
・勤労学生控除
・障害者控除
・社会保険料控除
・小規模企業共済等掛金控除
・生命保険料控除
・地震保険料控除
・医療費控除
・雑損控除
・住宅ローン控除


なお他にも
・給与所得者の特定支出控除
・公的年金控除
などの特殊な控除もあるが、ここでは割愛する。

かなり多くの種類があるが、
実は会社員の場合、年末調整という作業で
会社側がほとんどの計算をやってくれる。

よく11月下旬ぐらいに緑色の用紙
「扶養控除等異動申告書」(通称マルフ)
を提出しているので、憶えている人もいるだろう。


ほとんどの人はそこで税に関する手続きを終えてしまうのだが、
実は税金を払いすぎているケースが発生するのだ。
(正確にいうと、払った税金が帰ってくるケースがある)

「税金」は基本的には申告主義である。

節税のためには、こちらからそれを
国に「申し告げる」必要がある。

またいくつかのテクニックを使うことで
節税が可能になる。



posted by 近江商人 at 23:15| Comment(0) | 控除について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。