2011年09月05日

年俸制と月給制、どっちが有利か?@

ここでは

・年俸制 1年間で受け取る労働の対価を12ヶ月
     均等に配分して指定する給与体系

・月給製 1年間で受け取る労働の対価を12ヶ月
     の均等な月給と、年2回の賞与(4ヶ月分程度)

と仮定する。


以前は税体系に不備があり、賞与に関する社会保険料が
極端に低く、そのため外資系企業を中心に
月給分:賞与分の支給割合を12:20にするなどの
社会保険料負担逃れが横行した。

この場合、年俸制に対して、月給制は
年間通しての所得税などの負担は同じであるが、
社会保険料負担が低くできた。
(従業員は手取り増、会社は社会保険料の会社負担減)

今は賞与に関しても、負担割合が決められているので
賞与が上がれば上がるほど、社会保険料負担も増加する。

年俸制と月給制での大きな違いは、標準報酬月額と呼ばれる
月々の給与の多寡であり、これが高いほど社会保険料が
高額になる。

ところが、標準報酬月額が高いほど、健康保険の傷病手当金を
受給する場合や、失業給付を受ける場合に、高額な給付を
受けることができる。

毎月の負担が高い分、将来の給付が高くなり、
年俸制と月給制で大きな違いはなさそうな気がするが
これは大きな間違いである。

年俸制と月給制を選択できる会社もあるようだが、
月給制の方が労働者にとっては不利なのだ。

年俸制では毎月均等に労働の対価が支払われるのに対して、
月給制では賞与は6ヶ月程度遅れての後払いである。

しかも業績連動の名目のもとに、急激に賞与額が
減らされることも多い。

査定なども含めて、賞与というのは人質を取られているのと
同じようなものなのだ。

さらに賞与の支給に関しては、就業規則で在籍条項を定めている
会社が非常に多く、転職時などに致命的に不利になる。
(※在籍条項とは、本来労働の対価払いである賞与は、
  必ず支給されなければならないが、賞与支給時期に
  会社に在籍していない場合には払わないという規定)

以上の観点から、今の日本の労働市場を考えた場合には
選択できるなら年俸制が有利である。

(年俸制の方が不利な点もあるが、別に解説する)





 
posted by 近江商人 at 22:51| Comment(0) | 年俸制と月給制、どっちが有利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。