2011年09月07日

個人事業主の勧めB究極の節税計算式編

個人事業主の勧め@希望編
個人事業主の勧めA節税編

これまで個人事業主になることが、あなたのモチベーションアップと
同時に節税につながるということを強調してきたが、
さらなる節税の計算式がある。

それは日本の税制度の総合課税制度を最大限に活用し、
「給与所得」と「事業所得」とで節税ができてしまう点である。

サラリーマンとしてのあなたの収入が500万円であったとする
(簡便化するためにすべての控除を行ったと想定して)
この場合の給与所得が300万円

一方グルメライターとしてのあなたの今年の収入は30万円だった。
しかし将来グルメライターとして花開きたいあなたは、積極的に
取材活動(食べ歩き)を行い、ブログやサイトを頻繁に更新し
web広告を載せ、デジカメやパソコンなどの設備投資を行った結果
支出(経費)が年間60万円に達した。

この場合の事業所得の計算式は
収入30万円−経費(支出)60万円=課税される所得金額▲30万円

事業所得がマイナス30万円という結果になる。

これは給与所得では絶対にありえない現象だが、
事業というのは創業から毎年黒字になることなどありえないので、
このような計算が認められるのだ。

思い出して欲しい、日本の税制度は総合課税方式であることを。


するとあなたがサラリーマンでありグルメライターとしての
個人事業主として確定申告を行った場合、

給与所得300万+事業所得▲30万=課税される所得金額270万

という究極の節税計算式が完成する。



もう一度確認するために箇条書きにする。

○趣味で食べ歩きをしている場合

給与所得300万+雑所得30万円=課税される所得金額330万円
所得税、住民税ともに給与所得に上乗せして課税
かかった費用は自分持ち


○グルメライターとして個人事業主であった場合

給与所得300万+事業所得▲30万=課税される所得金額270万
所得税、住民税ともに給与所得から減額して課税
かかった費用はどうどうと経費として計上


どちらが有利かは一目見てわかる。
あとは究極の節税計算式をあなたが解いていくだけだ。
posted by 近江商人 at 12:05| Comment(0) | なぜ個人事業主を勧めるのか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。