2011年09月08日

個人事業の開業・廃業等届出書の書き方

いくつか記入のポイントになる部分を説明する。

用紙のフォーマットはこちら
■「納税地」
  ここには通常自宅住所を記入する。
  レンタルオフィスなどを借りる場合は、そこの住所を記入

■「届出の区分」
  ここは事務所の 新設 に丸印をつける


■「職業」
  できるだけ簡素で、かつ収入の範囲に含まれるものを記入する。
  ここでは「webサイト運営業」や「文筆業」などを推奨する。

■「屋号」
  ここには「○○屋」とか「××堂」、あるいはカタカナで
  好きなものを入れてかまわない。

  ただし近所に同じような屋号を使用している事業がないか
  チェックする必要があるので、屋号欄は空白でもかまわない。

■「開業・廃業に伴う届出書の提出の有無」
  ここで聞かれているのは「青色申告をするか、白色申告をするか」
  なので「青色申告承認申請書」に丸印をつける
  (なぜ青色申告のほうがよいかは、後で説明する)

■「事業の概要」
  できるだけ具体的にと書かれているが、実際には守備範囲の
  広い書き方がよい。

  「webサイトの運営、ホームページの作成・代行に関する事業」
  「○○(ここには自分のしたいことを書く)に関するwebサイトの運営」
  このような書き方が一般的である。
   
posted by 近江商人 at 13:54| Comment(0) | 個人事業の開業・廃業等届出書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。