2011年09月08日

「所得税の青色申告承認申請書」の書き方

「所得税の青色申告承認申請書」の書き方の前に
なぜこの「青色申告」を行うのかについて指摘しておきたい。

メリットは
・最大65万円の特別控除を受けることができる
・赤字が出ても3年間は繰り越せる
・家族に払った給与を全額経費にできる
・「純損失の金額の繰戻しによる所得税の還付請求手続」
 という離れ業(払った所得税が戻ってくる!!)が可能 

デメリットとしては
・正式な複式簿記の方法で経理処理をしなければいけない
(貸借対照表と損益計算書の作成や収入、支出、資産、負債、資本
 全ての出入りを記録する必要がある)

つまり難しく煩雑な経理処理をする代わりに最大65万円まで使える
「青色申告特別控除」を受けるか、収入と支出さえ把握できていればよく
特別控除の利点がない白色申告を選ぶかである。


他のブログでは「収入が少ない場合は白色で」と勧めることが
多いが、当ブログでは絶対に青色申告を選んで頂きたい。


理由としては、青色申告の方が「裁量の余地」が非常に大きいのだ。

利益が多い場合には最高65万円まで控除を受けることができ、
損失がでた場合には、「事業所得」をマイマスにして
「給与所得」と合算することができる。

それに経理処理の問題については、
会計ソフトや記帳代行業者を利用することで
経理に関する知識があまりなくても、大丈夫である。



「所得税の青色申告承認申請書」の書き方のポイント

用紙のフォーマットはここから

■「納税地」 現住所でOK

■「事業所又は所得の起因となる資産の名称及びその所在地
       → 空欄のままでよい。

■「所得の種類」 事業所得 に丸印をつける

■「簿記方式」 複式簿記 に丸印をつける

■「備付帳簿名」 無記入でもよい。気になる場合は
        現金出納帳と総勘定元帳だけ丸印をつける。

以上であるが、分からない部分は何も記入せずに
税務署窓口で確認しながら記入したほうがよい。
posted by 近江商人 at 15:23| Comment(0) | 所得税の青色申告承認申請書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。