2011年09月16日

経費の内容K利子割引料

利子割引料とは、支払った利子(受け取るのは利息)
や手形の割引料のことだ。


といっても手形帳を銀行からもらえる人は、
当座預金口座を開設して、それなりに信用力のある人だから
普通の個人事業主にはあまり関係ない。


一般的には、借り入れた資金の支払い利子
について計上することができる。
(当然元本は借入金という勘定科目になり、
 この返済は経費には計上できない)


なお一般的な借り入れのケースとしては銀行系などの
キャッシングがそれにあたるが、あなた個人用の
カードで借り入れを行ってはいけない。


新しく事業用として作ったカード
個人事業主になったらA銀行口座・カード」で作った
(ただしあなた個人の与信は生きている)
で借り入れをすることだ。


ここをきっちり分けておくことで税務署の
心象もよくなる。


ちなみに銀行に定期預金などをしている人は、
当座貸越で資金を借り入れた場合、その利子を
利子割引料として経費計上できる。


ただしできるだけ安易な借り入れはしないようにしたい。
posted by 近江商人 at 16:50| Comment(0) | 経費について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。