2011年09月29日

経費の内容Q新聞図書購入費

雑費で費用計上してもいいが、
恒常的、あるいは反復的な支出、
またまとめたほうがよい性格の経費は
わけるほうが良いと指摘した。


今回は「新聞図書購入費」である。


これは例えばあなたがグルメライターで個人事業主として
届出をしていた場合、以下のようなものが含まれる

・新聞
・書籍
・雑誌
・DVDなど

ちなみに単にサラリーマンをしている場合は
新聞を取っていても、趣味の本を買ってもすべて
「給与所得控除」に含まれているため、経費にはならない。


それが個人事業主の届出をするだけで、
経費にできるのだから、是非この特典は利用したいものだ。


ちなみにどの辺りまで経費として計上できるかだが、
まず新聞であれば、日本経済新聞は文句なく大丈夫
また全国紙もほぼ問題ない。


書籍やDVDなども、それが個人事業としての届出内容と
合致していれば、まず問題ない。


日本の法令に違反するもの(薬物やアダルトなど)
でない限りは、料理のレシピであれ、フィギア図鑑であれ
まず文句なく経費計上できる。


しっかりと、この個人事業主に許されている制度を
活用したい。
posted by 近江商人 at 18:11| Comment(0) | 経費について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。