2011年10月25日

減価償却のコツ:一括償却資産

減価償却のコツ:抜け道を探せ
で減価償却の基本的な考え方と、方法について
説明した。


では今回は普通に耐用年数で償却する以上に
節税効果の高い償却方法のひとつ
「一括償却資産」について説明する。


これは取得価額が10万円以上20万円未満の資産は
法定耐用年数や資産の種類に関係なく
3年間で均等償却ができるという優れもの。
(★10万円未満は消耗品費で費用計上すること)



詳細については国税庁の公式を参照
(注2)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2100.htm


この一括償却資産の方法は、
事業に要した年度から3年分で均等償却するわけなので
要するに、取得価額を3で割って、年間の減価償却費にするだけ。



例:取得価額18万円のパソコンを平成23年12月に購入したら
  平成23年から毎年6万円を減価償却費として計上できる。
  平成25年に償却終了


※普通の減価償却費の場合は、事業の用に供した日(月数)
 で計算するので、例えば同じく平成23年12月に
 18万円のパソコンを購入したら、 減価償却費は
 18万円÷48ヶ月(耐用年数4年)なので、
 初年度(平成23年)の減価償却費は、たったの3,750円にしかならない。

 2年目(平成24年):45,000円
 3年目(平成25年):45,000円
 4年目(平成26年):45,000円
 5年目(平成27年):41,250円

 という長い償却期間と、毎年少ない費用計上になる。


しかもこの一括償却資産は「固定資産税」の
課税対象外であり(詳細は別途説明する)普通の
固定資産よりは、節税効果が極めて高い。


この一括償却資産のデメリットは、
シンプルがゆえに、3年均等償却厳守という点につきる。

資産(たとえばパソコンなど)は1、2年で買い換えたり
壊れたりすることもあるが、とにかく3年間の均等償却を
続けなければならない。


この点を除けば、この一括償却資産の制度上
(10万円以上20万円未満)、通常の固定資産の減価償却と比べて
短期間に多く費用計上できるので、節税効果が高い。


どうしても10万円を超えてしまう資産取得の場合には
この制度の活用が有利になる場合もあるので
十分に検討してみよう。
posted by 近江商人 at 15:30| Comment(0) | 減価償却のコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。