2011年11月30日

固定資産税のポイント

固定資産税とは毎年1月1日の(賦課期日)に、
土地、家屋、償却資産の所有者に課税される地方税。

普通は各市町村が課税するが、東京都の23区の場合のみ
東京都が課税することになっている。


土地:具体的には田、畑、宅地、鉱泉地、池沼、山林・・・

家屋:住宅、店舗、工場(発電所及び変電所を含む)、倉庫その他の建物

償却資産:パソコン、エアコン、ビデオや楽器など


普通に個人事業一本でやっている人も多いのだが
東京都主税局のサイトを参照して欲しい。


複雑な計算が必要になるが、課税標準額に税率1.4%をかけたものが
税金としてかかってくる。

よって最初にできるだけ、10万以内で消耗品日で費用計上すべきと
指摘していることが分かって頂けただろうか。


またこの課税標準額の合計が150万円を超えなければ、
課税対象にはならない。

したがってこのブログで目指している、
サラリーマン&個人事業主で開業する場合には
固定資産税が課税されるような業態はほとんどないはずだ。


なお、固定資産税の対象外のものとして
自動車税、軽自動車税の課税対象となるものがある。
つまり車には固定資産税がかかってこない。

サラリーマンであっても、1台であれば
事業に供することは間違いなく認められるので(家事按分した上で)
必ず自動車は資産とし、減価償却費を計上しよう。

posted by 近江商人 at 16:22| Comment(0) | 固定資産税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。