2011年09月08日

「青色事業専従者給与に関する届出書」の書き方

「青色事業専従者給与に関する届出書」であるが、
これは家族の手伝い分の人件費を経費に計上するために
必要な書類だ。

これは実際に払う予定があってもなくても
提出しておいたほうがいい。

※ちなみに配偶者控除と青色事業専従者給与は
 どちらかしか控除できない。


用紙のフォーマットはこちら


書き方のポイントは以下のとおり

■「専従者の氏名」「続柄」
   ほとんどが専業主婦である奥さんになる。

■「仕事の内容・従事の程度」
   一番無難なのは「会計・経理担当」である。
   また「webサイトの更新やチェック」も入れるといいだろう。

   またここでの金額とは上限のことである。
   実際に最初提出した金額以上に払った場合には、
   「青色事業専従者給与に関する変更届出書」という
   届けを出す必要がある。
   実際に払う金額はこの書類の金額以下なら0円でもかまわない。

■「給料」「賞与」
   「給料」の金額は、(雇用主であるあなたが)源泉徴収手続きを
   しなくて済むように、月額8万円以下にすべきである。
   ※月額88,000を超えると源泉徴収する場合がある。

   「賞与」の金額は給与2〜4ヶ月程度を書いておく。

■「昇給の基準」
    「業績による」と必ず記入すること。


とくに難しい部分はないと思う。
同じ用紙が「変更届」になっているが
「増額の場合」のみ使用する。


なお給料支給の月末毎に、まとめて翌月10日までに
税務署に「給与所得の所得税徴収高計算書」(領収証書)
を提出しなければならないが
「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書」を
提出することで、半年に1回で済む。

詳細は国税庁サイトのこちら
posted by 近江商人 at 16:11| Comment(0) | 青色事業専従者給与に関する届出書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。